磐田整体ステーション 骨盤ベルト・骨盤ガードルでゆがみは治りますか?


骨盤は、締め付けすぎるとかえって悪くなります。

       弾力性・柔軟性のある骨盤を目指そう!
       弾力性・柔軟性のある骨盤を目指そう!

お店や通販サイトなどありとあらゆるところで

 

骨盤をギュッと引き締めるベルトや骨盤だけではなく

 

股関節や大腿まで幅広くカバーするガードルが

 

販売されるようになりました。

 

はたして、このベルトやガードルは、

 

骨盤のゆがみを治すケアになるのでしょうか?

 

また腰痛を予防したり腰の痛みを治すインナーになるでしょうか?

 

 

 

 

患者様の中にも時々、ベルトやガードルを使用しておられる方が

 

いらっしゃいます。

 

これから購入したいと考えていた方は、じっく読んでみてくださいね。

 

すでに購入してしまわれた方は、この記事を読むと、骨盤ケアについて

 

考え直す機会になるでしょう。

 

 

 

 

骨盤は日常の姿勢や動作でゆがみを生じます。

 

このゆがんだ骨盤を骨盤ベルトやガードルで支えたら

 

ゆがみがとれるということにはなりません。

 

ゆがんだ骨盤をゆがんだままで締め付けるのですから、

 

骨盤がそのゆがんだ状態で固まって動きがとれなくなります。

 

 

 

実際、骨盤ベルトやガードルを使用している方の骨盤は大変硬く、

 

周囲の大腿外側や臀部の筋肉も硬直を起こすため、

 

見動きがぎこちないのです。

 

 

それなら、ゆがんだ骨盤を正常な位置へ戻してから、

 

骨盤ベルトやガードルで締め付けたらいいのでは?と考えるかもしれませんが、

 

こちらも誤りです。

 

 

 

骨盤は、日常の生活で、上へ持ちあがったり、下がったり、開いたり、閉じたり、

 

捻じったり、傾いたりして動きがあります。

 

この動きが、骨盤ベルトやガードルによって阻害されると、

 

骨盤は自由を失い、動く範囲が狭まります。

 

 

 

骨盤が動かなくなると骨盤内の血液が十分に流れなくなりますので、

 

婦人科系の疾患や病気を招きやすくなります。

 

 

さらに、骨盤まわりの筋肉が骨盤ベルトやガードルで支えられていると、

 

骨盤まわりの筋肉を使わなくなりますので、筋肉が弱くなり、

 

骨盤を支えることができなくなります。

 

骨盤を自分の力で支えられなくなると、骨盤がずるずると下がります。

 

 

 

骨盤が下がると、胃も腸も下がってきますので、胃下垂や便秘になるのです。

 

 

 

腰痛予防や腰の痛みを和らげると称するベルトや出産後のベルトによる

 

引き締めは、要注意です。

 

 

では、どうしたらいいの?と言うことですが

 

 

 

 

整体ステーションでは、

 

産後の腰痛、恥骨の痛みがひどい場合は

 

ゆがみを治す目的ではなく、骨盤や恥骨を本来の元の位置へ修正して

 

安定させるため骨盤ベルトではなく、さらしを用います。

基本的にはさらしを使うことはありません。

 

 

 

ゆがみを修正した上で、さらしを巻くために、

 

骨盤や恥骨が良い状態を保ったままそこで安定します。

 

骨盤のゆがみはありませんので、ずんずん引き締ってきます。

 

さらしは綿100%の布ですので、骨盤ベルトのように

 

高い金額を出してそれ程までの効果があるのか?と迷うこともありません。

 

非常に経済的です。

 

 

 

使い方は、簡単ですので、一度ご自身で巻いてみれば

 

すぐに慣れるでしょう。

 

さらしの巻き方は、施術の際に指導いたします。