磐田整体ステーション 女性特有の疾患・病気は骨盤が原因?


生理痛・便秘・不妊症・子宮筋腫・卵巣囊腫には骨盤矯正

骨盤はからだの中心に位置しており、

 

脊柱を支える重要な役目を果たしています。

 

背筋(背中)、腹筋(お腹)、臀筋、下肢の筋肉などが付着するところであり

 

私たちのからだを支える重要な骨格です。

 

この骨盤は、両側の腸骨、腰椎から続く仙骨、その先に付く尾骨、坐骨、

 

恥骨から構成されています。

 

腰に両手を当てたときに触れる出っ張りが腸骨、

 

椅子に座ると座面に触れるのが坐骨、からだの前側にあるのが恥骨です。

 

 

便秘・生理痛・不妊症なら骨盤を整えよう!
骨盤 『ボディーナビゲーション参照』

 

骨盤は内臓を収納しています。

 

中には膀胱や尿管、尿道、直腸などの臓器があり、骨盤で保護されています。

 

女性のからだにいたっては、

 

子宮、卵巣、卵管、膣、外陰部といった

 

生殖器官が隠れています。

 

骨盤がゆがめば、これらの臓器や生殖器官はどうなるか?

 

 

当然、骨盤内の臓器や生殖器官が変形したり

 

圧迫されたりして、正常な機能を果たせなくなります。

 

 

 

 

 

つまり、女性特有の疾患や病気は、

 

骨盤が影響していることが、実に多いのです。

 

もちろん、骨盤のゆがみが原因ではないこともありますので

 

医療機関を受診して検査等を受けてください。

 

 

 

骨盤のゆがみを正せば、あれだけ長い期間通院しても、

 

薬をせっせと飲んでいても

 

治らなかった生理痛がいとも簡単に治ってしまう。

 

 

これは決して、大げさな言葉ではありません。