磐田整体ステーション 出産後の整体


産後の骨盤矯正、痛み、しびれ、ダイエットは整体で 即解決!

骨盤矯正に最適!綺麗になるチャンス!産後1ヵ月半~ の女性。

産後骨盤矯正・産後の不調なら訪問専門の整体ステーション
       ご自宅ならお子様を預けなくても産後整体が受けられる!

骨盤は、関節と関節を繋ぎ止めている靭帯で連結されており、この靭帯が 「リラキシン」によって緩むことで開いていきます。

このリラキシンとは、女性ホルモンのひとつで、骨盤を開く作用があります。

さらに恥骨結合は、このリラキシンによって 靭帯が緩むことで結合を弱め、産道を確保して出産に備えるのです。 

「リラキシン」が多く分泌されるのは、生理前や妊娠中~産後6ヵ月までの期間であり

骨盤は緩まって、開いています。

逆に、産後6ヵ月以降は、分泌量が減っていきますので、骨盤は締り、閉じていく方向へ向かいます。

ところで、骨盤矯正がしやすいのはどちらかと言うと骨盤が緩んでいる時期です。

骨盤に動きがあり、緩んでいるとゆがみがある悪い状態から、ゆがみのない良い状態へ 

戻すことが容易になります。 

つまり骨盤矯正をするのでしたら、出産後が一番、適しています。

 

女性の骨盤が綺麗になる絶好の時期ですから、このチャンスを見逃さないわけにはいきませんね。

その中でもベストな時期は、1ヵ月半~産後6ヵ月まででしょう。

実際、施術をすると、出産後の女性は、少ないない時間で骨盤のゆがみが解消されます。

 

 産後すぐでも骨盤矯正はできますか?というご質問ですが、

 産後すぐから1ヵ月半ぐらいまでは、骨盤が大変、緩まっており不安定な状態です。

そのような中で家事で体を動かせば、たちまち骨盤が左右アンバランスとなり

その状態で、そのまま固まってしまうことにもなりかねません。

ですから、なるべく体を動かさずに自宅内でゆっくり休んでください。

最後に、産後にからだが衰えるか衰えないかは、左右の骨盤のバランスと閉まりにかかってきます。

それ程、骨盤は女性にとって大切な器官ですから産後すぐの時期は、なるべく動かないで休ませましょう。 

1.産後の整体 目的

1.骨盤矯正、骨盤のゆがみを改善

  出産でゆるんだ骨盤が、出産後、自然に整った状態へ戻るように、

  骨盤(左右の寛骨、仙骨、尾骨)や骨盤をとりまく筋肉や靭帯、関節、あるいは股関節などを

  調節します。

  ゆるんだ骨盤は引き締まります。また骨盤の傾きや左右のアンバランスが修正されます。

  当院では、骨盤矯正ベルトなどで締め付けるような施術や使用の推奨はしておりません。

 

2.出産後の疲労、出産後の全身のゆがみを改善

  出産後の授乳、抱っこ、おんぶ、寝不足などで疲労が蓄積された身体をふわっとゆるめたり、

  全身のゆがみを改善させます。

  施術後は驚くほど、全身が軽くなります。

 

3.出産後の痛み、しびれを改善

  産後に発生したあるいは悪化した腰痛、肩こり、首痛、頭痛、恥骨の痛み、股関節の痛み、

  膝の痛み、腕の痛み、足のしびれ、足のむくみ、手のしびれなど、

  全身の痛みやしびれその他不快な症状を良い方向へ改善するように、

  骨、筋、腱、関節、靭帯などへアプローチしていきます。 

  

2.産後の整体 症状例

骨盤矯正、骨盤のゆがみ、姿勢が悪い、猫背、体重が下がらない、体が横に拡がった

腰痛、肩こり、首痛、頭痛、恥骨の痛み、股関節の痛み、膝の痛み、腕の痛み、足のしびれ、足のむくみ

手のしびれ、足がつる、背中の痛み、胸が痛い、その他不快な症状

3.産後の整体 対象者

 【産後の骨盤矯正・痛みやしびれ・ダイエット】

 

対象者:初回時、産後1ヵ月半~産後1年までの女性

    産後の骨盤矯正、痛みやしびれの改善、腰痛、恥骨痛、背中の痛み、肩こり、その他不快な

    症状、ダイエットを目的として継続的に施術を受けられる方

 

※産後1ヵ月半に満たない産後すぐの時期はなるべく安静にしていてください。 

4. 産後の整体 施術料金

初診料 ¥2,000(初回のみお支払い) 

施術料 ¥6,000

自宅フィットネス料 全期間通して   ¥2,500

※ 初回は初診料+施術料= ¥8,000

 2回目以降は施術料のみ ¥ 6,000

施術時間 60分程 (初回は施術に入る前に問診を行います) 

 

※施術期間が2ヵ月以上(2ヵ月を含む)あいた場合は、初診料がかかります。

 

5. 産後の整体 ご用意していただくもの

1.フェイスタオル 

  こちらで用意した枕の上にタオルを被せます。

 

2.靴下

  足を触りますので清潔な靴下を履いてお待ちください。

 

3.敷布団

  硬くて体が沈まないせんべい布団が最適です。

  硬い敷布団のご用意ができない方は、   

  畳あるいはフローリングの上で行いますので、体が痛くならないように

  体が沈まない絨毯やラグ、マットなどを敷いてお待ちください。