磐田整体ステーション 神経による痛み


長期間の過労や睡眠不足、からだのゆがみにより、

 

椎間板が劣化して変性したため、神経根が圧迫されたり

 

刺激されて起こる痛みです。

 

交通事故や転倒により外部からの大きな衝撃を受けた際にも見られます。

 

椎間板がはみ出して、神経根を圧迫したのがヘルニアです。

 

神経による痛みは、寝ている時よりも立ったり座っている時に

 

より強く痛みを感じます。

坐骨神経痛・椎間板ヘルニアなら磐田整体ステーション!
交通事故・転倒による怪我の痛みなら磐田整体ステーションへ

神経による痛み

【症状】

腰痛、肩こり、首の痛み、頸椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症

 

頸椎捻挫(むちうち症)、めまい、神経圧迫による頭痛、坐骨神経痛

 

腰椎椎間板ヘルニア、首、肩、腕、手指のしびれ、 肩甲骨、背中の強い痛み

 

歩行困難、頸椎脊柱管狭窄症、腰椎脊柱管狭窄症、大腿から足がしびれる

 

自律神経失調症

【痛みの特徴】

・ 身体を捻じったり、前屈、側屈、反らした時に痛みが出る。

 

・ 寝ると痛みが軽くなったり、なくなる。

 

・ からだの片側だけに痛みの症状が出る。

 

・ 過去に病院で異常と診断された骨の箇所と異なる部分に痛みが出る。

 

【痛みの起因】

 

・ 身体の捻じれにより、椎間板が劣化し変性したために

 

 脊髄から伸びる神経根が圧迫されたり刺激される。

 

・ 身体の大きな捻じれにより、椎間板が飛び出して神経根を押したり

 

 牽引している。

 

・ 過去に交通事故や転倒、尻もちなどで外部からの大きな衝撃を受けて

 

 身体のゆがみを作ったために神経根が押される。

【磐田整体ステーションの施術は?】

 

 

骨格に付随する筋肉を弛め、柔軟性を高めることで

 

大きなゆがみを解消していきます。

 

そのようにしてからだ全身のゆがみをとり、骨格を本来あるべき姿へ戻します。

 

 

さらに劣化した椎間板の回復を促す手法を用います。

 

神経による痛みの改善には、施術だけではなく、

 

生活習慣の改善も重要な要素になります。

 

 

そのために、十分な睡眠時間の確保と普段の日常生活での誤った姿勢を

 

止めて正しい姿勢を身につけることや

 

痛みがない方向へからだを動かしたり、歩いたりするなど

 

積極的にからだを動かすことも求められます。

 

 

こうした正しい体の動かし方は、随時指導していきます。